デイサービスが抱える課題と「DRIVEBOSS」を導入するメリット

  1. HOME
  2. メディア
  3. コラム
  4. デイサービスが抱える課題と「DRIVEBOSS」を導入するメリット
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
デイサービスが抱える課題と「DRIVEBOSS」を導入するメリット

デイサービスの現場で実際に起きている課題と
送迎支援サービス「DRIVEBOSS」の導入メリット

  • 人手の足りないデイサービスの現場で、計画作成を含めた送迎業務が負担
  • 利用者様に対するサービスの質に関わる送迎中の安全運転
  • 送迎支援システムを導入することで改善できる

さまざまな業務を抱えて“慢性的に人が足りない”介護業界。職員のみなさまは工夫を凝らしながら日々の業務効率化に努めています。そんなデイサービスの現場が抱える課題は何か?今回私たちが実際に現場の声を聞いてわかった課題と、送迎支援システムがどのようにお役立ちできるのかお伝えします。

1.デイサービスの現場が抱える課題TOP5

デイサービスの現場のみなさまの声を聞き続ける中で、負担となっている課題が浮き彫りになってきました。全37社にヒアリングした結果、次にあげる項目が課題であると回答いただいております。

1位.送迎計画作成
2位.安全運転・交通事故抑制
3位.属人化解消
4位.システムのスマートフォン連携
5位.クラウドシステムの管理

1位~3位は、「人」に関わる業務が課題と言えそうです。さらに詳しく解説してきます。


2.送迎計画作成と安全運転が大きな課題

経済産業省の調査によれば、通所介護における1日の業務の約3割を送迎業務が占めています。 ここまで時間が割かれてしまう大きな要因の1つに送迎計画作成の手間があります。

送迎計画作成は、まるで難易度の高いパズルを完成させるかのような作業。多くの施設ではこのルート作成を、例えばホワイトボードの上で磁石のパネルを張り替えるような方法で手作業で計画作成しています。お客様に品質の良いサービスを提供したい。そこに対して間接的な業務となる送迎計画作成が課題のTOPとなりました。

次に安全運転・事故抑制です。利用者様のご自宅から施設までの送迎では、事故が起きてからでは取り返しがつかないため、現場では日々安全運転を啓蒙し事故抑制を図っています。それでも一度送迎車両で送迎に向かうと、その実態は管理者には見えなくなってしまいます。具体的な指示が難しい、どのように啓蒙すればよいのか悩ましい、そのような背景から課題上位に挙がっています。


3.送迎支援サービス「DRIVEBOSS」を導入するメリット

これらの課題に対して、送迎支援サービス「DRIVEBOSS」を導入することでお役立ちできると考えています。


1.送迎計画の自動作成機能

利用者様の住所や送迎希望時間などの基本情報をあらかじめ登録しておくことで、最適な送迎ルートを自動で作成することができます。このため送迎時の条件を記憶していなくても送迎計画を作成することができ、課題の3番目にあがっていた属人化の解消にもつなげることが可能です。また作成された計画は、簡単な操作で修正可能です。このため、利用者様のご都合などなんらかの理由で計画を見直したい場合においても、画面上ですぐに計画を変更することができます。



2.運転状況の可視化機能

オプションとなるスマホサービスにご加入し、スマホを送迎時に携帯いただくことで、送迎車両のリアルタイムな位置情報とともに、車両の速度や急加速・急ブレーキの情報がシステムに蓄積されます。蓄積されたデータは、日報やグラフに反映され安全運転の啓蒙が可能です。またこうした情報は個人や車両にとどまらず、施設ごとにデータが蓄積されるため、ヒヤリハット情報・マップとしてシステム上で確認することができます。地図を見ながら、どこで危険な運転となりやすいのか確認し、注意喚起することで交通事故の抑制に役立てることができます。

同じような課題でお困りの方や、送迎支援システムに興味のある管理者の方は、お気軽にお問い合わせください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
資料ダウンロード 無料トライアルの
お申し込みはこちら